旅行・おでかけ

【飛騨高山&下呂】子連れ家族旅行日記①:ひるがの高原と高山観光食べ歩き

高山旅行日記

今回は、夏休みにいった家族旅行についてお話します。

高山と下呂に2泊3日で家族4人で車で行った時の内容です。

1日目は高山泊、2日目は下呂泊にしました。

男の子2人(小学生と中学生男子)を連れているので、体験型のものを予定に組み込むようにしました。

まずは、高山に向かった1日目から紹介していきます。

この旅行は2020年の夏休みの時の話です。

旅館は懐かしの「Go toトラベル」を使ってちょっとお高めの宿にとまっています。

まずは、ひるがの高原でリフトに乗って山の上に

この旅行の時はコロナのこともあって、あまり遠出をしずらい状況でした。

なのでお隣の県の岐阜県に行くことに決定。

宿泊は高山に決めていたので、その前にひるがの高原でちょっとだけ寄り道をすることにしました。

ひるがの高原は冬はスキー場で、そのほかの季節は「ひるがのピクニックガーデン」として、頂上でジップラインやバギーなんかで遊ぶことができます。

子連れだけではなく、学生さんでも楽しめる場所です。

ひるがのピクニックガーデンひるがの高原HP

ジップラインに惹かれたんですが、翌日にアスレチックをするときにジップラインもあったので、ひるがのではリフトで頂上に行ってお花畑をみてきました。

天気予報は晴れだったのですが、実際は雲が多めの天気。

リフトに乗りながら下をみるとだんだんとピンクのキレイな花畑が近づいてきました。

リフトで頂上までいくとこんな素敵な景色が待っていました。

ひるがの高原夏

あたり一面にペチュニアが咲いていました。

ピンクがとっても可愛いですね。

桃色吐息というキャッチコピーがついているそうです。

ベンチで家族4人記念撮影です。

ひるがの高原桃色吐息

スキーでここに着た時は雪景色だったので、同じ場所なのになんか不思議な感じがしました。

息子たちは花もそんなに興味がないようなので、頂上のカフェでお茶して、リフトで下に降りることに。

下ではトランポリンがあって、こっちの方に食いついてきました。

小学生の次男は楽しそうに飛び跳ねています。

ひるがの高原トランポリン

なんとこれ無料なんですよ!!超ラッキー♪

高山で昼食【高山ラーメン】麺屋しらかわの行列に並んで食べたよ

高山でのお昼予定だったので、足早にひるがの高原を後にした私たち。

お昼のお目当ては、やっぱり【高山ラーメン】ですよね~。

人気のお店がたくさんあるので、どこにしようか決めかねていたんですけど、車を止めたところから一番近かった「麺屋しらかわ」にしました。

麵屋しらかわ

商店街の一角にあるこちらのお店、なんとかなりの人気のお店だったようで、平日なのにすでに30分待ちの行列ができていました。

細めのちぢれ麺に醤油がピリッときいた魚介と鶏のダブルスープです。バーナーで炙ったチャーシュー、煮卵もおいしかったです。

麵屋しらかわ 高山ラーメン

子供もおいしい~って食べてくれて満足している様子でした。

メニューは、「中華そば(並)」「中華そば(大)」「味付け玉子」だけなので、行列はできていますが、お客さんの回転は早かったです。

【高山食べ歩き&散策】橋の近くのわらび餅は一度は食べるべし

高山食べ歩き 散策

ラーメンでお腹いっぱいなところ、おなかを減らすべく、高山の町を散策しました。

この時は2020年のコロナで最初の夏だったということもあってか、8月の平日なのにこんなにガラガラでちょっと寂しかったです。

息子たちは大きな椅子でくつろいでいます。(笑)

高山大きないす

ゆっくり歩きながらお土産屋を見たり、お箸を買ったりして、高山で有名な赤い橋【中橋】に向かいました。

母親から「この橋の近くのわらび餅が本で紹介されたから、いってみるといいよ!」って言われていたので、行ってみることに。

お店の名前は、「いわき」

いわき わらび餅高山

昼食後に行ったので1時過ぎだったような気がしますが、なんと、最後の1個をギリギリでゲットすることができました!

売り切れるの早すぎだよ~

近くのベンチでさっそくお味見。

わらび餅 いわき

黒蜜ときな粉をかけるて食べるのですが、わらび餅がなんともまあプルプルなこと。

とろけ落ちてしまいそうでちょっとベンチでは食べにくかったですが、味は抜群に美味しいです。

パッケージには「冷蔵庫に入れないでください」という但し書きがあるのですが、このこだわりは、口に入れた途端とろけるあの食感を大切にするためなんだそうです。

お目当ての方はお昼までに行くことをお勧めします。

高山陣屋を2度目の訪問

わらび餅を食べた後は、すぐ目の前にある高山陣屋を見て回りました。

ここに来るのは2回目で、一回目は旦那と付き合っているときに来た記憶があります。

高山陣屋

この日の高山は暑くて、子供も早く旅館に行きたい!

というので、そこまでしっかりとは見ずに出てくることになりました。

子供は楽しい所ではないかもね。

宿泊先の旅館は「飛騨亭 花扇」 

さ~、長男の腹痛もあって足早に陣屋を後にした我が家。

次の目的地は高山にある「飛騨亭 花扇」という旅館です。

車で10分ちょっとで、花扇に到着。

花扇

大きな旅館ではないですが、高山を代表するお宿として人気があります。

こちらの旅館については次に記事で詳しくお話していきます。